忍者ブログ
中島らもが残したあまたの言葉

 

寝ずの番

参考書籍情報
・講談社文庫
・2001年10月15日 1刷

書評を読む

落語家一門の葬式の様子を描いた「寝ずの番」3篇。
その他、7篇のユーモア短編を収録。
P.92 「寝ずの番Ⅲ」
最近の若いもん、なんていう言い方をするのは馬鹿のやることだ。
 
P.94 「寝ずの番Ⅲ」
おれの心は トタンの屋根よ
かわらないのを 見てほしい
 
P.158 「グラスの中の眼」
コマーシャルというのは人を欲求不満にさせるためのものだ。
 
P.164 「グラスの中の眼」
俺の人生は破れている。 

P.181 「ポッカァーン」
「ええねん。おもしろかったら」
 
P.198 「仔羊ドリー」
「セオリー通りに起承転結になっているのが気にくわない。面白いところを一番アタマに持ってきて”つかみ”にするんだ、そうすれば小説がもっとあざやかに興味深いものになる」
 

関連サイト
  • 笑える本を読もう!
    書評ブログ。中島らもの書評も多数。
  • 笑本ツイッター
    更新情報はツイッターにて。
  • 記事検索
    サーバー広告
    PR